突然現金が必要になったら

2019-01-28 17:39:00

●今すぐ現金が必要になったら
 生きていればいろいろなシーンでお金が必要になることもあると思います。今回は出張先や旅行先で急遽お金が必要になった場合、すぐに対応できる方法についてお話させていただきます。
出張先や旅行先で急に現金が必要になってしまった場合、あなたはどのようは方法で現金を作りますか?いくつか方法は考えられますが、まず最初に考えられるのは親や家族に頼む事ではないでしょうか?しかし、親や家族が現金を持っているとは限りませんし、現金を持っていたとしても銀行、またはATMまで行ってもらい振込んでもらわなくてはいけません。
銀行の営業時間が過ぎていた場合には銀行の窓口は閉まってしまいますし、ATMからも同一銀行でない場合には振込予約になり、翌朝にしか入金されませんしかも、親や家族にお願いした場合には必ずなんでお金が必要なのか理由を聞かれてしまいます。財布を落としてしまったや、盗難にあってしまったなどの理由でしたら対処してもらえますが、違う理由だった場合、中々難しいでしょう。話しずらい部分もありますが、そんな時に誰にも迷惑をかけることなく、即日現金を作る方法があります。それが、クレジットカードのショッピング枠を使った現金化の方法です。

●クレジットカード現金化業者ならすぐに対応してくれる
クレジット現金化は自分で商品を売買して現金をつくる事もできますが、すぐに必要な場合には不向きです。理由として、換金性の高い商品を購入し、その商品を売りに行かなくてはいけないからです。
すぐにお金が必要な場合、現金化業者に依頼する事によってすぐに対応してもらえます。ほとんどの現金化業者はネットからの申込になりますので、お持ちのスマートフォンなどから検索し申込みします。 申込み完了後、業者から電話があり、本人確認の為に送ってもらう資料の説明があります。
ほとんどの現金化業者の場合、身分証明書は運転免許・保険証・パスポート・住基カードなどあれば対応が可能になります。 まれに現住所が違う場合、公共料金の明細など提示しなくてはいけませんので、引っ越ししたらすぐに運転免許など住所変更する事をオススメいたします。 
身分証明書は指定のメールアドレスに送る方法が一般的です。業者側で本人確認ができたらすぐに指定商品の購入になります。指定商品の購入が完了すると指定口座にお金が振込まれ終了になります。 新規の申込みの場合、どこの業者も本人確認のやりとりがあるので入金までに少しお時間はかかりますが、40分~60分くらいで指定口座に入金してくれる業者がほとんどになります。 

●取引銀行が沢山ある現金化業者を探そう
クレジットカード現金化業者は利用者と取引が完了すると、お金を必ず指定銀行に振込します。 振込手数料を引かない業者も沢山存在しますが、業者からしたら振込手数料分はマイナスになります。その為、現金化業者も少しでも手数料をかけないように沢山の銀行口座を所有します。 
沢山取引のある現金化業者でしたら、あなたが持っている銀行口座と同一の可能性が高くなります。同一銀行の場合、ほとんどの銀行が24時間振込可能になりますので、たとえ夜中に急遽現金が必要になっても対応が可能になるということです。 24時間対応の代表的な銀行がネットバンク対応の銀行になります。楽天銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行などが代表的な銀行です、すぐにお金が必要で、現金化業者に依頼する場合には必ずどこの銀行と取引があるか確認するようにしましょう。 

まとめ 
24時間振込対応してくれるクレジットカード現金化業者も中にはありますので万が一の為に、このような方法もあると言うことを頭に入れといておいてもいいのではないでしょうか。参考にしていただき困った事があれば活用してみて下さい。